コンテンツへスキップします

転勤や進学等ではじめて仙台・宮城に来る方の生活情報・エリアガイド 〜宮城転勤支援ネットワーク〜

ライフスタイルから見た仙台・宮城

『子育て世代からみた仙台・宮城(1)』

・太白区在住 40歳女性
・家族構成:夫・子供(小学4年生)
・職業:ピアノ講師(自宅では教えていない)

◆結婚〜出産

今から10年以上前の話です。もともと主人が宮城野区苦竹に住んでいたのですが、私の仕事やグランドピアノを置かなければいけない…などの理由から太白区泉崎に住むことになりました。

当時の太白区(現在の長町南周辺)は今ほど施設が充実していなかったのですが、自然も多く、地下鉄も通っていたのでアクセスも良く夫婦で生活するには十分でした。

◆賃貸アパート〜マンション購入

最初は3LDKの賃貸アパートに住んでいたのですが、子どもができたのを機にマンションを購入することにしました。場所は太白区長町。住み始めた頃より自然は少なくなってきているけれど快適です!

考えてみれば「長町南」駅前の大型ショッピング施設「長町MALL」も元は工場。旧石器時代の遺跡を中心としたテーマパーク「地底の森ミュージアム」周辺も田んぼや空き地でした。

私の住む「長町周辺」は、ここ10年ぐらいで急激に開発されてきたように思います。以前は泉中央周辺の方が開けていましたからね〜

◆出産〜子育て

さて、子育てや保育所などについてですが…

私の仕事上、子育て中のママたちから色々と情報(口コミ)をもらうことができます。なので保育園は生徒さんのママたちの口コミで探すことができました。私自身特に「認可保育園」に拘っていたわけではなかったので、ある意味スムーズに入園することができました。

赤ちゃんのうちから預けなければならなかったのと、自宅周辺であればというのが条件で、その条件をクリアした「せんだい保育室」を利用してました。仕事が午後からとか夕方からなので、基本「延長保育」をお願いし、お迎えは家族の協力を得てしていました。

小学校低学年のときは、学校が終わってから以前通っていた保育園を「学童保育」という形で利用していたのですが、少しずつ子供が嫌がるようになりました。(恐らく地域や学校のお友達がいる学童保育ならまた違ったかもしれません)

なので、私が仕事のときは小学校お迎えの時間に実母にきてもらい、私か主人、どちらかが帰ってくるまで家で面倒をみてもらっていました。また仕事上、子供を連れていくことができたので場合によっては連れて行っていました。家族の協力を得て、どうにかこうにか乗り越えられたと思っています。

◆現在〜未来

そんな子どもも現在は小学校4年生。

1人でお留守番もできるようになりました。娘が通っている小学校は実は学区外。私の仕事の都合でそうしました。(仙台市内も間もなく学区撤廃になりますけどね。)

ちなみに、小学生が持っている
どこでもパスポート」は便利。

公共施設がほぼ無料か割引で使えます。保育園に通っているときから公共施設(科学館、天文台など)に行っていたのですが、大きくなればまた違った楽しみかたをしていますし、何より「ほとんどが無料」というのがいいですね〜♪

お子さんの年齢によって頻繁に使う施設(病院)が違ってくるので『仙台市内でどこがいい』というのは一概に言えませんが、少なくとも太白区(特に地下鉄まである程度近いところ)は様々な施設が充実してきて、また一部循環バスなども走っているので比較的住みやすいところではないかと思います。


Copyright© Soar-BP All Right Reserved.